【2歳児の子供部屋】DIYで固い壁にクッションを付けてみた!【1人寝】

こんにちは、不器用まっしぐらカヨコスです。

我が家の娘ちゃん、0歳の時から一人寝をしておりましてですね。
2歳の誕生日を過ぎた頃はまだ寝るときに添い寝が必要でお胸トントンしていたのですが

突然、

ムスメ2歳4カ月

マッマ!バイバイ!
おやしゅみなしゃ!

と部屋から閉め出される事が多くなってきたので、もういっそ本格的にこの部屋を子供部屋に仕上げようと思いました。

今回は2歳児の為の子供部屋を作るにあたり問題となった固ーーいコンクリ壁を不器用な主婦がDIYした記事です。

もくじ

マンションの壁は固かった

マンションの防音上、お隣さんとの部屋の境目って、めちゃめちゃ固いんですよね。

ムスメが使っているお部屋もちょうど隣との境目にあたるため、壁がコンクリでめちゃくちゃ固かったのです。

敷布団を床に敷くと、この配置。絶対あたまゴツンして泣くやーつ。

という事なので、思い切ってDIYをすることにしました!

衝撃を防ぐアイテムを探せ!

「壁 クッション」でググると色んな商品が出てきます。

カラフルなクッションタイプの物はパッと見かわいいけど”遊び場”感が出てしまい寝る部屋としては落ち着かない。

そして高い。

こう、モダンでオサレでかつクッション性のあるものはと理想を追い求めましたが、見た目も機能性も兼ね揃えたお品を楽天市場で発見し、さっそく購入しました。


お部屋の雰囲気を明るくしたかったのでお色はアイボリーウッドをチョイス。

壁の長さは230㎝なので縦向きを6枚。
プラス横向きのフォームパネルを2セット購入!

どさっと届くとやるぞ!とワクワクしますよね。

カヨコス

やる気だけはいっぱい!

まずは下準備

一枚づつ開封して念のため商品をチェック。

厚みが1㎝ほどあるのでグッと押すと思っていたよりも弾力があります。

ビニール製の為、開けてすぐは部屋中に新しい浮き輪のような匂いがしましたが、少しすると気にならなくなりました。

値段が安かったので作りは期待していませんでしたが(失礼)木目も統一性が無くランダムに作られているのでとても自然。

おうちの壁紙がデコボコしている場合はノリの付きが悪くなる
という商品レビューを拝見したので、そんなにデコボコはしていない我が家の壁紙ですが、念の為にと下地としてマスキングテープを張り対策を取りました。

上部と下部だけにペタリ。

(本当はもっとマステ貼りたかったんだけど、一緒に買ったやつが1,000mだったのでギリ3行)

ここに合わせて、まずは縦に張っていきます。

貼り方のコツ

最初は恐る恐るでしたが4枚目あたりからコツをつかみ、職人のような動きが出来るように。

一番下の部分を少しはがして横に合わせたら、台紙を引き抜くやり方をすると斜めにならずキレイに貼れました!

こうして続けていく事、計11枚。

最後は少し残った隙間に合わせてハサミでカットし、壁一面をクッションシートで覆うことができました。

カッターを使わずハサミで切れる手軽さって、不器用な主婦にはとても助かります。

出来あがりはこちら

開封作業から2時間半ほどで完成!

部屋が明るい。

そしてかわいい。かわいい!すっごくいい!

カヨコス

えー!めっちゃかわいいんですけどこの部屋!こんなに雰囲気変わるの?

と自画自賛の嵐ですわ。

もっと早く施工しておけばよかった!

保育園から帰ってくる娘に早く見せたい!!

2歳児の評価

帰宅後の娘の評価はこちら。

お気に召したようでこの後部屋から出てきてくれませんでした。

この日を境に壁に頭をぶつけて無駄に泣くことが無くなったので、とても良かったです。

一人寝するようになってから夜は別々のお部屋だけど、たまには一緒に寝てね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる